化粧水の特徴について

by:

ロダン+フィールズ化粧品美容

多くの人が洗顔後に使用する化粧水と葉、肌を保湿して、滑らかに保つものです。化粧水を使用することで、その後の乳液や美容液を塗りやすくすることや、肌の不足した水分を補うことが出来るのです。そして、発売されている化粧品のほとんどにその他の効果のある成分が配合されていることが多いです。それは、美白成分、ニキビ用成分、コラーゲン、セラミドなどの保湿効果の高い成分などです。

それぞれ、肌の調子や肌質、肌トラブルに合ったものを選ぶことが大切です。また化粧水の塗り方としてコットンや手がありますが、コットンは肌に摩擦を与えてしまい肌の荒れを引き起こしてしまうことがあります。そのため手で塗ることが望ましいと言えます。その場合にも少し温めた手に広げるようになじませたあと、顔の肌にのせていきます。

優しくプレスするようにじんわりと馴染ませていくような感覚で塗ることが大切です。化粧水をしっかりと浸透させるためには、その前の洗顔が必要です。メイク汚れなどをクレンジングでしっかりと落とし、無の状態になった肌に塗ることで毛穴からしっかりと成分が浸透していきます。そして、化粧水の成分を蒸発させないようにそのあとに乳液やクリームなどで保護します。

肌は年齢と共に水分量が減少し、乾燥を引き起こしやすくなるものです。ですから、日々の保湿ケアがとても大切です。毎日継続することで肌機能が正常にサイクル氏、いつまでも若々しい潤いのある肌でいられるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です