化粧水の保湿効果を高める

by:

フィールズロダン美容

化粧水はスキンケアにおいて必要不可欠なものです。肌にたっぷりとチャージすることで保湿をして乾燥を防いでくれます。乾燥は美肌の大敵となります。その理由は、角質のバリア機能が衰えて肌に水分や油分をため込んでおく力が弱まってしまうことにあります。

肌の新陳代謝が不活発になり肌細胞の再生もうまくいかなくなり、乾燥はどんどん進んでニキビやしわやシミやくすみやたるみや毛穴の開きやごわつきやざらつきなどの原因にもなってしまいます。年齢を重ねた肌はコラーゲンやヒアルロン酸やセラミドが不足しがちなので、スキンケアを怠ると角質のバリア機能はどんどん衰えていきどんどんエイジングが進んでいってしまいます。ですので、しっかりと化粧水でうるおいを補って健やかで若々しい美肌づくりに努めましょう。化粧水の保湿効果を高めるためにはスキンケアにおけるちょっとした工夫をすることが大切です。

洗顔やピーリングで古い角質や角栓をしっかりとオフする、パックをして毛穴の汚れを一掃する、ふき取り化粧水を使用してごわつきやざらつきやキメの粗さを解消してなめらかな肌に整える、ブースターを使用して角質を柔らかくしてうるいおいや美容成分が浸透しやすい肌環境に導くなどがそれにあたります。化粧水はたっぷりとハンドプレスで二度づけしたりコットンやシートマスクなどを使用してなじませるのがおすすめです。丁寧なスキンケアを心がけて肌の奥の方までうるおいを行き渡らせましょう。ロダンフィールズのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です