敏感肌さんの美白化粧水は保湿力が高いものがおすすめ

by:

ロダン&フィールズ化粧品美容

美白成分の問題点は「刺激が強い」ということ。特に美白効果の高いものであればあるほど肌を乾燥しやすくすることがあり、肌トラブルの原因になってしまうこともあります。この観点から言えば、「敏感肌の人は美白化粧水は刺激が強くて使えない」というイメージは間違いではありません。しかし、「低刺激性」「保湿力が高い」という2つのポイントを満たす美白化粧水であれば、敏感肌の人でも安心して使うことができるのです。

敏感肌の人は、肌のバリア機能が低下し、ちょっとした刺激でも肌トラブルを起こしてしまう状態にあります。この状態でさらに刺激の強い美白成分を多く含んだ化粧水を使うとさらに肌荒れが進むだけでなく、肌を守ろうとメラノサイトがメラニン色素を過剰に生成し、シミやくすみの原因になってしまいます。美白どころか逆効果です。化粧水を選ぶ際には、まず「保湿」に注目しましょう。

、保湿成分、特にセラミドを多く含んでいるものに絞ることをおすすめします。セラミドは肌の角質層で水分を保持し、肌のバリア機能を改善させるからです。次に注目すべきは「低刺激性の美白成分」。ビタミンC誘導体やハイドロキノンは美白効果が高い分刺激も強い成分です。

敏感肌の人におすすめの成分は「アルブチン」「エラグ酸」「トラネキサム酸」「プラセンタ」などです。特にプラセンタは美白効果と保湿効果の両方があるので、敏感肌の人には特におすすめできる成分と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です