年代によっておすすめの化粧水は変わります

by:

ロダンANDフィールズ化粧品美容

洗顔や入浴のあとに使用する化粧水は、スキンケアの基本と言っても過言ではありません。化粧水のパッケージに書かれている成分表をチェックすると、多くの美容成分が配合されていることを確認することができます。これらの美容成分の働きにより、年代によっておすすめの化粧品が変わってきます。肌のくすみやハリ、乾燥や黒ずみなどの肌トラブルを効果的にケアしていくには、年代にあった化粧品を選ぶことが大切になってきます。

肌トラブルのケアの基本は、保湿成分の補充です。肌の水分量が多くなれば乾燥肌がケアできるだけではなく、皮脂とのバランスが整いニキビを予防することもできます。さらに肌がふっくらと膨らむことで、ハリや弾力の改善や、毛穴の開きを目立たなくすることも可能です。保湿成分で、まず注目したいのがセラミドです。

セラミドは肌の表面に近い部分に存在する成分なので、化粧水で補いやすいというメリットがあります。セラミドは幼少期をピークに、20代からじょじょに少なくなっていくので、上手に補うのがおすすめです。ヒアルロン酸は美容クリームや乳液など、多くのスキンケアアイテムに配合されている保湿成分です。その最大の特徴は、水分を抱え込む力の高さです。

ヒアルロン酸は高濃度に配合すると、とろみが強くなり使用感が悪くなってしまいます。ですので化粧水だけではなく、美容液やクリームと併用して補うのがおすすめです。ヒアルロン酸は40代から大きく減少する成分なので、40代が近づいたら意識して摂取しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です