敏感肌にはクリームを塗る

by:

フィールズロダン美容

肌トラブルの一つ敏感肌は1年を通して悩みの症状といえますが、特に冬は空気が乾燥して皮膚の水分が失われやすいので症状が重くなる時期といえます。敏感肌は空気の乾燥だけでなく入浴や炊事などによって定期的に水に触れるような状態や皮膚が痒みを出したことで掻いてしまうと皮膚の水分が取れて肌の角質がめくれてしまいます。肌の角質がめくれると、その中に空気中の雑菌が入り込むので雑菌を攻撃するために抗体が分泌されたことが肌の神経を刺激してカサカサとした感触や強い痒みを出すのです。敏感肌はそのままにしておくと肌の確立が余計に取れていってしまい、その結果余分な雑菌が這いこんでそれに対応するために抗体が生まれ攻撃をし続けることになるので最終的には黄色ブドウ球菌によるとびひや炎症がとまらないアトピー性皮膚炎に発展することになります。

これらの症状に発展すると完治は難しく再発を繰り返すので、肌がかさついてきた感覚である乾燥したような状態と思ったら対処することがよくそのための方法の一つがクリームを塗ることです。クリームの中身には肌の材料であるコラーゲン以外にもビタミンやミネラルそして肌の皮脂と同じ成分の油分などが含まれています。敏感肌は肌の角質の水分が失われて角質の表面に空洞が出来ていることが原因なので、それをクリームで埋め合わせをすることで痒みを抑えるという形になります。クリームの中にある油分が角質表面を覆うとコラーゲンが油分を保護し、そしてビタミンやミネラルが角質の修復速度を上げることで元の状態に戻す効果を発揮します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です