オーダージャケットで自分好みの一着を作る

オーダージャケットと聞くと、単に好きな生地を選んでサイズを測ってもらって作るジャケットをイメージする人も多いと思います。もちろん数多くある生地の中から好みの生地を選んで、身体にフィットしたジャケットが作れることがオーダージャケットの最大の特徴ですが、それ以外にも様々な拘りのポイントがあります。男性のジャケットは、形がほぼ決められています。大きな違いはシングルかダブル、あるいはボタンの数などです。

しかしその制限された中にもオーダージャケットならではの、ディテールを取り込むことが出来ます。例えば肩の仕様を変えることでも、印象が大きく変わってきます。スーツでは肩パッドが入っていることが多いですが、ジャケットの場合は肩パッドは入れないか、若しくは極力薄くすることが重要です。スーツよりも柔らかさ演出することが、ジャケットを着こなすコツです。

また肩パッドを入れない場合は、袖付けもマニカカミーチャ(シャツ袖)の様にすると、より軽い雰囲気を醸し出すことが出来ます。またオーダージャケットでしたら、ちょっとした遊び心を加えることも出来ます。裏地を少し派手にしてみたり、ボタンに少し拘ってみたりすることも可能です。さらにお台場仕立てや本切羽など、本格仕様が好みの人の要望にも応えることが出来ます。

このようにオーダージャケットはサイズの合ったジャケットと言うだけでなく、自分だけのオリジナルの一着を作ることが出来るメリットがあります。ただし、つい張り切ってしまって様々な好みを詰め込み過ぎてしまう傾向がありますので、冷静になりながらオーダーすることも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です