防寒機能がついた作業服の選び方

by:

松江駅洋服お直し生活/暮らし

寒い季節となると防寒機能のついた作業服が必要になります。防寒機能のついた作業服を選ぶ時にはいくつか注意したいポイントがあります。まず、服の素材にどのようなものが使われているかを確認することが大切です。防寒機能のついた作業服の場合、中綿が入っていたり、中綿素材にシンサレートなどの防寒素材が使われています。

使われる素材によって温かさがまるで違うので、素材選びは重要です。外で作業を行う場合、動きやすさも重要となることから、ただ分厚いだけの作業服はできるだけ避ける必要があります。そのため、薄くても温かい素材を使っているものがおすすめです。さらに、フードや防水加工がついたものであれば、悪天候でも作業がしやすく防寒性にも優れています。

外で作業を行う場合、悪天候でも作業をしなければならないこともあります。その場合でも、作業者をしっかりとサポートしてくれる作用着を選ぶことが大切です。作業服は毎日使うものなので、洗濯ができるかどうかも選ぶ際には重要です。特に、寒い時期に着るものは洗濯不可のものも多いので、事前にチェックする必要があります。

洗濯できたとしても、寒い時期ものもは使われている素材が分厚いため、乾きにくいです。速乾素材を用いたものもあります。寒い時期に作業をする場合でも、作業を行うことによって汗はかくのが普通なので、通気性が優れているものを選ぶことが大切です。汗をかきやすい脇の部分などに通気口がついているものなどを選ぶと良いです。

どんな場合でも、自分の作業に合ったものを選ぶことが大切です。そのためには、上で説明したことをしっかりと注意するとイメージ通りものを選ぶことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です