脱毛をしたら脇の汗が増えると言われるのはなぜか

###Site Name###

脇の脱毛をするというのは、日本人の女性には必要不可欠な事であり、メリットが大きいものです。脇はすぐに毛が生えてきて、処理回数もトップクラスで多いです。

洋服からも見えることはありますし、油断も隙も無いのが脇のムダ毛というものです。


自分での脇毛の処理をしなくてもよくなりますし、手間もかからなくなって、長期的にカミソリなどのコストもかからなくなります。
脇の皮膚へのダメージともおさらばです。でも脇の毛を処理してからの不安な事として、脇の汗が処理前よりも増えてしまうということです。
脇の汗が増加をするのは医学的な根拠はないとされていて、厳密にいえば脇の汗が脱毛によって増えたというわけでもないのです。

毛穴と汗腺はつながりはないものですし、エステのフラッシュや病院のレーザー光処理でも、汗の汗腺は何も影響を受けたりはしないのです。



ではなぜ汗が多くなったという感想を持つ人が出てくるかと言いますと、今までよりも汗の存在を明確に感じるようになっているからです。



脇に存在をしていた毛があるときには、汗はその毛がクッションの代わりになっていました。脇から汗が出てきても、毛にまとわりつくので、脇の皮膚がそのまま汗を感じる必要はなかったのです。


でも脇毛の脱毛処理によってクッションの毛が無くなっていきますので、汗が脇の毛穴から出てきて、皮膚に直接感じるようになって流れ落ちるために、汗が多くなったような錯覚に陥っているということです。