フランスにおける脱毛は

###Site Name###

東洋以外のムダ毛に対する関心は高く、東洋が最低レベルと考えてよいでしょう。ですからフランスも多分に漏れず、脱毛への関心は大変高くなっています。
貴族の時代にギリシャ彫刻への憧憬が強く表れ、完全な肉体美を目指す傾向が生まれました。


彫刻のムダ毛は整っていて美しいものでしたから、あこがれはムダ毛の処理へも向きました。



永久脱毛への関心も高く、かなり危険な方法を用いて発毛組織を破壊することに挑戦するなど、あくなき追及もありました。

ただしそれはVIOの部位に特に関心が強く、腕や背中のムダ毛に強い関心があったわけではありません。



またフェミニズムの思想から、男性の目を気にしてムダ毛の処理を行うのはおかしいといった意見もあります。民主主義も長く、思想的に自由なお国柄ですので、様々な意見があり、ムダ毛にも個々のポリシーがある国です。


ただし処理を行うときにはさすがにファッションの国ですので、スタイリッシュに仕上げる傾向もあります。
ファッション雑誌で素敵なアンダーヘアの残し方がグラビアで特集され、話題となりました。


中には「はしたない」といった意見もありましたが、ごく少数派で、おおむね好評だったとのこと。



肌色が薄く、毛色も薄いことから、従来型のレーザー脱毛が難しく、ワックスや除毛クリーム、シェービングに頼っていましたが、そういった肌質にもマッチしたレーザーがリーズナブルになってからは、そのような方法で処理を行う人も増えました。