歯医者の顧客獲得に必要な駐車場設置の考え方

駐車場を設定することはどんな業種においても客層を広げるためには不可欠なものです。

自走式駐車場の最新情報が知りたい方にはこちらです。

特に競争が激しい業種においてはそのわずかなサービスの差が顧客数に大きな影響を及ぼす可能性があります。
これは医療業界においても例外ではなく、近年、著しい勢いで開設が進められている歯医者はその代表的な例となります。

歯医者は一度通い始めると何度も通い、多くの人はもう一度歯の診察が必要になった場合には同じところに通います。



そのため、顧客として獲得することは重要性が高く、最初に思い立ったときに行きやすい状況が作られていなければなりません。



社会人や学生等、電車を毎日利用している人にとっては駅の側であるというのがとても魅力的な点になります。

一方で、家庭から通うということになると家に近いことが好まれます。


それに加えて重要なのが車で行きやすいということであり、駐車場があることによってそれが実現されるのです。
子供の虫歯を治したいというような場合には子供を車に乗せて歯医者に通うということも想定されます。

そういった場合には駐車場がなければ千t串として候補にも挙がりません。同様のことが高齢者に対しても言うことができ、家族の同伴を伴う場合には駐車場があるということが重要な要素になるのです。
また、ただあるというだけではなく、行けば必ず空きがあるということもポイントの一つであり、規模や混雑度に応じた広さの駐車場があることも顧客獲得には不可欠な観点です。