寒さに負けない防寒作業服の特徴

by:

恵比寿駅洋服お直し生活/暮らし

冬場に野外での作業を実施する場合、寒さが身に染みて辛いこともよくありますが、そういった時には防寒性に優れた作業服を着用することで、寒さに負けずに作業もはかどります。そんな冬用の作業服としては、防寒性はもちろん防風性や防水性、保温性といった機能を兼ね備えているケースが多く、それでいて一般的な服装のように着ぶくれするようなことはなく、スマートかつスタイリッシュに動きやすさも考慮した作りになっています。たとえば表面は防水性を考えて撥水加工になっており、風も通さないように工夫されていながら、裏側や衿部分にはフリース素材やボアを使用したり、ラミネート素材を合わせるなどして寒さや冷気から身を守るように作られていることも多いです。それゆえに防寒に適した作業服となっていることはもちろんですが、作業効率も考えてストレッチ性にも優れて動きやすく、さらには着心地や耐久性といった部分も工夫されているため、寒い場所でも快適に動けるような服装となっています。

ちなみに一般的な作業服の素材といえば、綿やポリエステルが主流となっていますが、防寒用の場合はそれらだけでなくソフトシェル素材やアルミシート、フリースといった寒さ対策の素材も使用されていることも多く、保湿性が重要視されているケースもよくありますが、それでいて蒸れないようにも工夫されており、作業の妨げにならない優秀な服となっています。しかもジャケットやブルゾン、ベストやパンツなどとともに冬用ならではのコートなどもあり、バリエーションも豊富です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です